鎌倉市のおすすめインプラント歯科ガイド » インプラントとは?Q&Aと基礎知識 » インプラント治療のメリット・デメリット

公開日: |最終更新日時:

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療を受ける前にどのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくことが大切です。

インプラント治療のメリット

自分の歯に近い感覚で噛める

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込んでしっかりと歯を固定しています。そのため、自分の歯のような噛み心地で食事が楽しめます。ただし、自分の歯を失って入れ歯にした場合には、噛む力が弱まることもあるのでその点注意しましょう。

インプラントにはチタンが使用されていることが多く、骨と結合しやすく劣化もしにくいという性質が特徴です。インプラントであればアパットメント部分と人工歯冠で歯が固定されているので、強い力でしっかりと噛むことができます。入れ歯のように外れる心配もありません。

見た目にも美しい

インプラントは審美的な面でもメリットがあります。差し歯・入れ歯などは金具が見えるケースや、見た目が不自然になる場合もあります。しかし、インプラントの場合はセラミックやジルコニアなどを人工歯部分に使っていることが多いため、自分の歯に近い自然な美しい歯に近づけます。人工歯根のアパットメント部分は歯茎の下になって隠れるように設計したり、人工歯冠もさまざまな素材から希望のものを選んだりできるのも魅力です。

健康な歯を残せる

差し歯やブリッジ・入れ歯などを選択した場合、失った歯だけでなく、残っている健康な歯も削る必要があるため、抵抗を感じてしまいがちです。しかし、インプラントの場合は一部の治療法以外は周りの歯を支えにすることなく、独立して埋め込める形になっています。そのぶん他の健康な歯を削る治療法を避けられます

インプラント治療のデメリット

費用が高額

インプラント治療は自由診療となっており健康保険がききません。通われる医療機関や上部構造の素材、診査法・治療法・オプションによって費用は異なりますが、高額になりやすい傾向にあります。複数の歯をインプラントにしたい場合には100万円前後の費用が求められるでしょう。治療後もメンテナンスが必要になります。

インプラント治療は健康保険の適用がされませんが、高度治療費として認められているため医療費控除は受けられます。治療費に対してどれくらいの医療費が控除されるか確認しておきましょう。

体への負担がかかる

インプラントは顎の骨にインプラントを埋め込むための手術が必要な治療方法です。痛みは麻酔によって和らげられますが、切開したことで体に負担がかかって術後の腫れや痛みなども避けにくくなっています。顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術のため、治療は手術後も継続する必要があります。

糖尿病・腎不全・肝炎などの持病があって薬を飲んでいる・手術に危険がある恐れが考えられる・妊婦中は治療ができない場合もあるので事前に相談しておきましょう。

メンテナンスが必要

インプラント治療が終わった後も、3ヶ月に1度を目安に定期的なメンテナンスが必要です。このメンテナンスがおろそかだと、インプラント歯周炎という歯周病に似た病気を引き起こす場合があります。インプラントの周辺にある歯肉が赤く腫れ、ポケット部分から血や膿がでる病気です。進行すると歯槽骨にダメージが生じ、埋め込んだインプラントが脱落につながる可能性があります。このような病気を予防するためにも定期的なメンテナンスと毎日の口腔ケアをしっかりと行いましょう。

眠っている間に手術が終わる
静脈内鎮静法ができる × 費用が安い
インプラント歯科3選
又吉歯科医院
インプラント1本の費用例
37.4万円(税込)
鎌倉大船歯科
インプラント1本の費用例
33万円~(税込)
大船駅北口歯科
インプラント1本の費用例
38.5万円(税込)

【インプラント治療について】
インプラント治療とは虫歯や歯周病、事故などによって歯を失った場合に行われる治療の一つ。歯を失った箇所に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、歯を補う治療法です。一部の症例を除いて、原則保険が適用されない治療方法のため、クリニックによって費用が異なります。詳細は各クリニックへお問い合わせください。

【インプラント治療の機器について】
治療に使用するインプラント機器は、各クリニックによって厚生労働省・未承認の器具を用いることがございます。クリニックによって治療に用いる器具は異なりますので、医師に直接ご確認をお願い致します。

【インプラント治療の費用と期間】
インプラント治療は、一般的に1本25~45万円、期間は6ヶ月~12ヶ月程度と言われています。症状や埋入位置、歯科医院によって費用・期間ともに変動します。

【治療のリスク・副作用】
インプラント周囲炎や、金属部品に対する金属アレルギーが起こる恐れがあり、治療にはリスクが伴います。持病がある場合には、合併症などの可能性が高い場合もあるので、不安な点があれば必ず各クリニックへご相談ください。

※2019年9月時点での調査内容になります。

患者に寄りそってくれる
歯科医院を選びましょう

イメージ

「インプラントをしたいけど治療が怖い」という人には、手術や痛みへの不安に配慮してくれる歯科医院がおすすめ。鎌倉市のインプラント歯科を全調査して選んだクリニックはこちら!