鎌倉市のおすすめインプラント歯科ガイド » インプラントとは?Q&Aと基礎知識 » インプラント治療の回数や期間は?

インプラント治療の回数や期間は?

インプラント治療の期間について紹介します。インプラント手術には1回法と2回法があります。それぞれの手術の流れと、治療回数などについてまとめました。

2回法の期間

通常のインプラント治療は2回法で行われます。この2回というのは、治療に通う回数ではなく、手術の回数になります。

1回目の手術でインプラント体をあごの骨に埋め、歯茎で覆った状態で3~6か月生着するのを待ちます。2回目の手術で歯茎を切開し、インプラント体と義歯(上部構造)をつなぐパーツ(アバットメント)を装着します。手術は30分ほどで終わり、1~2週間後に型どりをして義歯を作り、接着します。すべての治療が終わるまでには、カウンセリングや検査、型どりや義歯の装着を含めると7~10回前後通院し、合計で4~6か月程度かかります

2回法の流れ

  1. 初診
    X線検査などで顎の骨を撮影し噛み合わせなどを見るために口の中の型をとります。
  2. インフォームドコンセント
    診断結果を説明し、同意を得られたら次のステップに進みます。
  3. 検査・診断
    CT検査をしてインプラント出来るだけの骨があるかどうかを判断します。 歯周病や治療が必要な虫歯があるばあいは先に治療したり、別の検査をすることもあります。
  4. 再度インフォームドコンセント
    CT検査結果の説明と、今後の手術と治療の進め方の説明をします。
    ・麻酔法や術式、手術による合併症など手術に関しての説明
    ・使用するインプラントの種類など、構造に関する説明
    ・治療にかかる費用、メインテナンス料、想定されるトラブル時にかかる料金の説明
  5. 一時手術
    麻酔をかけ、インプラント体を埋め込む顎骨を露出させるため粘膜骨膜を切開し、ドリルでインプラント体を埋めるための必要な深さまで穴を開けます。開けた穴にインプラント体を埋め、インプラント体の上にカバーを付け、切開した部分を縫合して一次手術は終了です。
  6. 二次手術
    アバットメントの連結手術を行います。粘膜骨膜を切開して粘膜を切除し、カバースクリューを除去します。インプラント体の入る付近の骨の調整をして、仮のアバットメントを連結。切開したところを縫合し、約3週間後に最終アバットメントに交換します。治療部分の型を取って義歯(上部構造)を作り、装着して終了となります。

1回法の期間

1回法は長い治療期間を短縮するために考えられた手術方法です。インプラント体の埋入と同時にアバットメントの装着まで行います。インプラント体が歯に生着するまで1.5~2か月程度安静期間を置き、型どりをしてから1~2週間後に義歯を装着します。合計で2~3カ月程度と考えておきましょう。

さらに治療期間を短縮する「即時荷重」や「抜歯即時手術」などの方法もありますが、いずれもあごの骨や体の状態が整っている人に限られます

1回法を行っているクリニックは限られるため、希望する場合は最初の問い合わせの際に対応可能か確認しておきましょう。

眠っている間に手術が終わる
静脈内鎮静法ができる × 費用が安い
インプラント歯科3選
又吉歯科医院
インプラント1本の費用例
34万円
鎌倉大船歯科
インプラント1本の費用例
30万円(税別)~
大船駅北口歯科
インプラント1本の費用例
35万円

【インプラント治療の費用と期間】
インプラント治療は、一般的に1本25~45万円、期間は6ヶ月~12ヶ月程度と言われています。症状や埋入位置、歯科医院によって費用・期間ともに変動します。

【治療のリスク・副作用】
インプラント周囲炎や、金属部品に対する金属アレルギーが起こる恐れがあり、治療にはリスクが伴います。持病がある場合には、合併症などの可能性が高い場合もあるので、不安な点があれば必ず各クリニックへご相談ください。

患者に寄りそってくれる
歯科医院を選びましょう

イメージ

「インプラントをしたいけど治療が怖い」という人には、手術や痛みへの不安に配慮してくれる歯科医院がおすすめ。鎌倉市のインプラント歯科を全調査して選んだクリニックはこちら!